love jewelry

 

 

宝石の歴史

今から約5,000年前エジプトで、高度な文明が発達し、紀元前2500年にはピラミッドが建設されました。

そして、その当時すでに宝石を使った装飾品が作られていました。壮麗なブレスレット、ペンダント、ネックレス、リング、イヤリング、王冠の上部飾り、胸飾りなど宝石は多くの装飾品に金とともに使用され、それらは古代エジプトのファラオの土地で作り出されました。

また、金は変色せず可鍛性にすぐれていたので、金の細工技術とともに宝石の加工技術も発展していったようです。

また、古代ギリシャでは、自然な形としての貝、花を好み、甲虫は大規模に製造されていました。 美しく、優雅なネックレスおよびイヤリングは北ギリシャの墓地遺跡から多数発見されています。

紀元前300年頃ギリシャで多着色の宝石類に多く使用されていたのはエメラルド、ガーネット、アメジストおよび真珠などでした。美しいものに魅了されるのは、古今東西変わらないのでしょう。

ちょっと話が反れますが、どこかの国では(あやふやですいません・・)とんぼ玉をお金のかわりとしてつかっていたみたいです。キレイなものをお金のかわりとして使っていた国はたくさんあったんだろうなぁと思います。

 

装飾品の歴史

宝石は愛をささやくための小道具としも重要な役割をしていたようです。

しかし、当時のヨーロッパ(13世紀の中世)でも宝石は大変高価なものでしたので、模造品の存在も幅を利かしていました。

本当の宝石用原石および真珠は東方から、主にイタリア人によって持ち込まれ、他のヨーロッパ諸国へと広まっていきましたが、一方模造品としてのガラスも頻繁に使用されていました。

完全な、円形、自然で、大きく白い真珠は宝石用原石として珍重され、主として南インドおよびペルシャ湾で産出されました。

そして、イタリア、特にベネチアでは、模造ガラス宝石が盛んに製造されていました。偽の真珠の作製方法は1300年頃卵白およびかたつむりの粘着物などを利用した模造真珠が考案されました。

今ではベネチアンビーズとして有名ですね。その期限は中世から始まる長い歴史の中で技術を磨き、継承されてきました。

宝石と同様に装飾品は、各地域で発展を遂げています。シルバーアクセサリーであれば、カナダ・アメリカでインディアンジュエリーとして発展してきた歴史がありますし、ジュエリーについていろいろ調べてみるのもいいかもしれません。

recommend
池袋エリアの賃貸情報
http://livestar-realestate.com/
大阪、神戸でケータリングといえば【パーティークラフト】
http://www.kjsystem.jp/partycraft/
アジアン雑貨&インテリアの専門店【ANGKASA -アンカサ-】
http://www.rakuten.ne.jp/gold/angkasa/
マーブル
http://marble-shop.jp/
オンライン英会話 子供
http://williesenglish.jp/elementary.html

最終更新日:2015/7/2

 

アイコンTOPへアイコン

 

 

 

topics

アイコン 宝石の歴史

アイコン 宝石の種類・誕生石

アイコン 宝石の選び方
アイコン 宝石の選び方2
アイコン 宝石お手入れ

 

 

Copyrightc2008